QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
バシ
競馬歴12年目。的中率アップ目指して奮闘中!
馬券スタイルは単勝と複勝がメインです。
オーナーへメッセージ

  
Posted by at

2008年09月26日

オールカマー予想

 先週のトライアルは人気馬総くずれの感があり、クラシックの行方もまだ分からずというところ、今週はいよいよディープスカイが登場。トップクラスの実力を発揮できるのでしょうか?
 中山ではオールカマーにマツリダゴッホが出走。得意の中山競馬場で王者の走りを見せてくれそうですね。

 まずは中山メインのオールカマーから

 ◎ 11番 マツリダゴッホ
 ○ 6番 エアシェイディ

 本命はやはりマツリダゴッホ。ここは逆らえない人気馬です。前走の札幌記念はタスカータソルテにゴール前差されたものの、レコードタイムでの決着であったことを考えると、さすがGⅠ馬の実力の持ち主です。減っていた馬体重も回復しているようなので、自信の本命です。当日パドックで、マイナス体重なら割引が必要ですが、大丈夫でしょう。単勝1.2倍くらいの支持をあつめるのではないでしょうか。
 対抗のエアシェイディ、同条件のAJCC勝ちがあるように、実力は折り紙つきです。安田記念4着の実績から、ここでは実力上位でしょう。悪くても3着にくるのではないでしょうか。
 あとは4番トウショウシロッコに注意したいですね。中山での実績に注目。

 菊花賞トライアルの神戸新聞杯は、二冠馬ディープスカイがいよいよ始動。結果次第で、菊花賞か天皇賞へのプランだそうですが、個人的には天皇賞へ是非でてきて貰いたいものです。ウォッカやアドイマヤジュピタ、そしてダイワスカーレットたちとの対戦となれば、盛り上がらないわけにはいきません。

 ◎ 1番ディープスカイ
 ○ 10番ブラックシェル
 ▲ 7番ヤマニンキングリー
 △ 11番スマイルジャック

 本命はディープスカイですが、目標が次走であることを考えると軸としては信頼できますが、単勝馬券推奨は少し恐い気がします。1番枠を引いたことも要因です。ダービーの時のように大外廻すものの、今回は届かずの恐れもあります。展開もあまり速くならないとみてます。ここは軸馬としての本命推奨とします。最悪でも3着はあるでしょう。
 対抗はブラックシェル。ダービーでの3着は実力の証明です。ディープスカイを逆転するには、展開の助けが必要かと考えます。
 3番手のヤマニンキングリーは追ってしぶとい馬です。春はオープンで好走するも賞金を加算することができませんでしたが、ここは休養明けで、なんとしても菊花賞の出走権利を取りたいところ。仕上げは目いっぱいの気配で、ここは狙いどころです。
 スマイルジャックは折り合いさえつけば、上位進出可能です。皐月賞のように、折り合いが悪くなった場合を考えると強気にはすすめられませんが、ダービー2着はフロックではないので押さえが必要。

 

  

Posted by バシ at 19:20Comments(1)

2008年09月19日

ローズステークス&セントライト記念

 今週はローズSとセントライト記念の2重賞が開催。クラシックを狙う有力馬がいよいよ始動です。

 ローズSは開幕2週目の阪神競馬場で開催。先週のセントウルSが前残りの結果でしたが、今週も前残りの展開になりそうです。
 
  ◎ 11番レジネッタ
  ○ 7番ブラックエンブレム
 
 本命はレジネッタです。叩き2走目のここは実力発揮でしょう。オークス馬トールポピーも出走しますが、ここはレジネッタが有利です。前走は前残りの展開をヤマニンメルベイユの2着。阪神外回りの直線なら、差し切り可能です。
 対抗にブラックエンブレムです。先行して粘れる馬プラス鞍上が岩田騎手ということもあり、対抗に推奨です。パドックで入れ込みがなければ、好走可能でしょう。
 トールポピーは休み明けで1番枠、前に行った馬が止まらない馬場、ここはマイナス材料が多いとして推奨から外します。

 セントライト記念は難しいレースですね。中山2千が得意なマイネルチャールズが出走しますが、前走の結果からどうでしょうか。ブライアンズタイム産句は、勢いがなくなった場合の落ち込みが激しい傾向があるので、ちょっと手を出しにくいと考えてます。

 ◎ 3番ネオスピリッツ
 ○ 7番ダイバーシティ
 ▲ 8番フジヤマラムセス

 ここは春の人気馬よりも、上がり馬に注目。本命ネオスピリッツは1000万条件で2着。今年の牡馬は弱いとの評判があるところ、古馬との戦いで結果をだしているので推奨です。
 対抗のダイバーシティは、ラジオNIKKEI賞3着。ここは菊花賞に向けて負けられない一戦です。人気上位馬の中でも安定度は一番高いと見ます。
 穴としてフジヤマラムセスも推奨。函館2600m勝ちがあるわけですから、スタミナが必要な中山2200m戦、抑えないわけにはいきません。人気も低そうなので、狙って面白いと思います。
 上記3頭ボックスで勝負したいですね。あたれば高配当です。
 
 
  

Posted by バシ at 19:09Comments(0)

2008年09月12日

秋競馬スタート

 秋競馬の始まりは、なんと3日連続開催。そして、エルムS、京成杯オータムH、セントウルS、朝日チャレンジCと4重賞が開催されます。ひきつづき、3連単の全レース発売もあるので、秋競馬も盛り上がりそうです。

 土曜日の札幌のメイン、エルムSの推奨馬から

 ◎ 10番フェラーリピサ
 ○ 1番メイショウトウコン

 本命はフェラーリピサ。成績の安定度と先行馬ということで本命に推奨です。コンゴウリキシオーが出走するので、よどみのない流れになりそうです。これがフェラーリピサにはプラスに作用すると予想します。
 対抗のメイショウトウコン、一時の勢いに衰えは見えますが、このメンバー構成なら実力上位です。得意の小回りコースでのまくりがみれそうです。

 日曜の京成杯オータムハンデは開幕週ということもあり、先行馬を狙うところですが、ゴスホークケン、ステキシンスケクン、ダンツキッスイと逃げ馬が多いので、ペースが早くなりそうです。
 
 ◎ 8番リザーブカード
 ○ 16番キストゥヘヴン
 

 本命にリザーブカード。関屋記念はマルカシェンクの2着。重賞でも好走可能な能力の高さを見せました。56キロのハンデはチャンスでしょう。中山1600mに勝ち鞍があるのにも注目。
 対抗のキストゥヘヴンは、桜花賞馬であり、フラワーC勝ちの実績もある馬です。復調気配にあるここは狙いどころ。
 
 セントウルSはスプリンターズSにむけてのトライアル。春の実績馬対夏の上がり馬の様相を呈しています。

 ◎ 8番スズカフェニックス
 ○ 14番マルカフェニックス

 スズカフェニックスを本命に推奨。ファイングレインは初の59キロを背負うのをマイナスとしました。このメンバー構成ならば、スズカフェニックスの実力上位は明らか。調教の内容もいいので、軸は固いでしょう。
 対抗にマルカフェニックス。条件戦を連勝してきた実力は高いと見ます。人気になりそうなファイングレインよりも、こちらのほうが妙味があるので、上位に推奨。
 両馬とも馬名が同じなので、『フェニックス馬券』推奨です。

 朝日チャレンジカップは枠順発表前ですが、人気どおりの決着になるかと予想します。

 ◎ ドリームジャーニー
 ○ キャプテンベガ

 ドリームジャーニーが抜けた存在と思いますが、負かすとしたらキャプテンベガだと思います。ただしキャプテンベガは入れ込み癖があるので、パドックに注意が必要です。

  

Posted by バシ at 17:35Comments(0)

2008年09月05日

夏競馬のフィナーレ

 いよいよ夏競馬も終わり、新潟・小倉競馬場でそれぞれ2歳ステークスが開催。来週からは秋のG1のトライアル戦が始まります。秋のG1も、もうすぐです。

 両場で2歳ステークスがおこなわれますが、この時期の各馬の能力差は判別が難しいところ・・・・・ここは調子の良さで推奨馬を選びます。

 新潟ステークスは、1600mのマイル戦。スプリント戦の勝ち馬が数多く出馬してきますが、ここは調教の内容の良さと、上がり3Fのタイムが早い馬を狙います。

 ◎ 4番ツクバホクトオー

 本命にツクバホクトーです。あくまで調教のタイムの良さからの推奨です。本命ツクバホクトオーから13番ストロングガルーダ、15番ガンズオブナバロンに流します。

 小倉2歳ステークスは、小倉の馬場が荒れてきたことで、人気のツルマルジャパンが1番枠に入ってしまったので、ここは外枠の馬に注目。

 ◎ 16番デグラーティア

 フェニックス賞勝ちからの勢いを買います。外枠なので、いい馬場を走れるのもプラスです。相手は、やはり1番ツルマルジャパンです。実力通り走れば、軸として信頼できます。

 今週の勝負レースは、土曜日小倉3Rの障害未勝利戦。2番マーブルジーンです。断然の人気にこたえるとみてます。単勝で勝負!




  

Posted by バシ at 19:19Comments(0)