QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
バシ
競馬歴12年目。的中率アップ目指して奮闘中!
馬券スタイルは単勝と複勝がメインです。
オーナーへメッセージ

  
Posted by at

2008年12月28日

有馬記念予想

 いよいよ2008年のフィナーレを飾る有馬記念。今年も高額配当が目白押しとなりましたが、自分にとっては、やはり秋の天皇賞の素晴らしさが印象に残る1年でした。と締めくくる前に、グランプリ有馬記念の予想を。

 ◎ 13番 ダイワスカーレット
 ○ 10番 マツリダゴッホ
 ▲ 8番 スクリーンヒーロー
 △ 5番 フローテーション

 本命はダイワスカーレットです。昨年の有馬記念では、マツリダゴッホに敗れましたが、一瞬の脚で抜かれたままゴールしてのもの。安藤騎手もレース後に、仕掛けを早くしていればとコメントしたとおり、ダイワスカーレットの敗戦は、すべて一瞬の脚でかわされたものです。例を挙げれば、チューリップ賞でのウオッカに敗れたレースですが、直線でかわされた着差そのままにゴールしています。つまり、一瞬でかわされなければ、なかなか抜くことができないと言えます。実際に、その後の桜花賞でウオッカに雪辱しています。今回はマツリダゴッホを意識して、早めのスパートを仕掛けるとにらみます。
 対抗のマツリダゴッホは、中山競馬場の鬼。ここを最大目標に、仕上げてきました。コース実績からも。連に絡む確立は高いとみています。
 3番手はスクリーンヒーロー。ジャパンカップは、時計が遅かったことが最大の勝因とみることもできますが、あのメンバー相手の勝利は伊達ではないと見ています。鞍上も中山競馬場が得意なので、しっかり抑えておきたい一頭です。
 穴でフローテーションを推奨します。スプリングカップ2着、ステイヤーズS2着と中山競馬場での好走データに注目。過去の有馬記念でも、重賞未勝利の馬が好走した例があります。能力的には、格下だと考えますが、中山2500のコースですから、穴の要素も十分です。

 

  

Posted by バシ at 01:49Comments(0)

2008年12月21日

朝日杯FS

 PC不調の為、更新が滞りました。今週の朝日杯、手短に予想します。

 ◎ シェーンバルト
 ○ ミッキーパンプキン

 混戦模様のレースです。やはりここは、セオリーどおりに内枠の馬を推奨します。シェーンバルトは競馬がしやすい枠を引いたので、本命推奨です。

  

Posted by バシ at 14:46Comments(0)