QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
バシ
競馬歴12年目。的中率アップ目指して奮闘中!
馬券スタイルは単勝と複勝がメインです。
オーナーへメッセージ

  
Posted by at

2009年04月10日

いよいよ桜花賞!

 今年の桜前線は例年よりも早く、すでに散り始めていますが、阪神競馬場では桜の女王を決める一戦、桜花賞が日曜メインです。ブエナビスタが圧倒的な1番人気になりそうですが、あの馬の能力に逆転できる馬は果たしているのでしょうか?

 ◎ 9番ブエナビスタ
 〇 18番レッドディザイア
 ▲ 1番ダノンベルベール

 本命は文句なしでブエナビスタです。チューリップ賞の内容からもコンスタントに上がりが早い脚を使える能力の高さ、不動の軸です。恐らく直線勝負の競馬をするでしょうが、コース改修後の阪神1600mならば、差しきりは可能です!
 対抗にエルフィンS勝ちのレッドディザイアを推奨します。京都競馬場で上がり34秒前半のタイムを2度もだしている能力に期待です。大外枠でも、今の桜花賞ならば差し馬にとっては逆にプラスですし、ブエナビスタと対戦していないこの馬こそ逆転の可能性を秘めていると判断します。
 3番手のダノンベルベールは、枠順発表前までは対抗でしたが、最内枠を引いたことで評価を下げました。コースロスなく直線に向かえるのはいいことですが、阪神マイルはなかなか内が開かないシーンが多い印象を抱いてますので、3番手とします。それでも、関東馬として輸送を避けて、滞在競馬にしていること、調教の動きが絶好なこともあり、上位進出は可能です。後藤騎手の乗り方次第ではチャンスがある馬です。

 馬券は上記3頭ボックスで勝負です。

 注意が必要な馬として、14番バンブールージュ、7番サクラミモザを挙げます。

 




  

Posted by バシ at 21:03Comments(0)