QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
バシ
競馬歴12年目。的中率アップ目指して奮闘中!
馬券スタイルは単勝と複勝がメインです。
オーナーへメッセージ

  
Posted by at

2009年09月26日

いよいよ秋本番!

 来週のスプリンターズSを控え、秋のトライアル戦もいよいよ佳境に。神戸新聞杯では3歳世代のトップクラスが集い、熱い戦いが見れそうです。ダービー馬のロジユニバースが、菊花賞はパスすることが発表されていますが、神戸新聞杯に出走するメンバーの中にも、菊花賞か秋の天皇賞かで陣営が迷っている馬もいるようなので、菊花賞トライアルというよりも世代トップクラスにとっての、秋のトライアル戦というところでしょうか。
 昨年のオウケンブルースリの時も思いましたが、年々菊花賞と春の皐月賞、ダービーとの関連性が薄くなる傾向を感じます。世界の競馬の流れで、2400m以上のレースが減少している傾向が、ここ日本でも顕著になってきてますね。皐月賞・ダービーから、秋の天皇賞というローテーションをとる馬が、これから増えていくことでしょう。それでは予想を。

 ◎ 7番トライアンフマーチ
 〇 5番アンライバルド

 本命は皐月賞を鋭く追い込んで2着したトライアンフマーチです。ダービーは不良馬場で本領発揮とはいきませんでしたが、明日の天気予報からも良馬場で競馬ができるここは、この馬の瞬発力を無視することが出来ません。直線の追い比べで、差しきり可能と判断します。血統からも母父ダンシングブレーブ、父がスペシャルウィークなので距離はちょうど合ってると思います。
 対抗はダービーの惨敗からの復活にかけるアンライバルドです。皐月賞で見せた集発力は世代トップクラスのもの。連は硬いでしょう。
 リーチザクラウンは、今回は様子を見てみたいです。個人的には抑えずに逃げてしまったほうがいいと考えています。調教タイムを見る限り、能力は相当なものです。少々早いペースで逃げても大丈夫なのではないでしょうか?ただし今回は陣営のコメントを見る限り、2番手くらいでの競馬をイメージしてるみたいなので、押さえまでの推奨とします。

 オールカマーは、59キロを背負うドリームジャーニーから斤量が軽い先行馬を狙います。マツリダゴッホは最低でもプラス10キロの馬体重で出走してこないと、厳しいと思います。パドックでの馬体の確認が必要です。

 この記事を書いているところで、残念なニュースが・・・・スプリンターズSでの推奨予定馬、スリープレスナイトの引退が発表されました。軸として信頼していたので、非常に残念です。本命不在のスプリンターズSは波乱の要素がたっぷり?



 

  

Posted by バシ at 20:20Comments(0)