QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
バシ
競馬歴12年目。的中率アップ目指して奮闘中!
馬券スタイルは単勝と複勝がメインです。
オーナーへメッセージ

  
Posted by at

2009年10月31日

決戦の天皇賞

 昨年の秋の天皇賞は歴史に残るレースでした。今年も熱い戦いがおこなわれそうな府中の2000m、主役はウオッカですが、目が一瞬でも話せない一戦となりそうです。

 ◎ 15番オウケンブルースリ
 〇 10番シンゲン
 ▲ 12番ドリームジャーニー

 休み明けの京都大章典を勝ったオウケンブルースリが本命です。3歳の夏の新潟での条件戦の勝ち方が素晴らしかったこの馬、武豊騎手も走ると認めたこの馬が大本命です。春の惨敗の後、建て直しのために放牧に出した厩舎の英断が活きたのか、休み明けの京都大章典を快勝。3歳時にはウオッカにはかないませんでしたが、成長度を考えるとこの馬はメンバー中1番だと思います。リーディングをウオッカの武騎手と争う、鞍上・内田騎手の気合も相当と判断し、本命に推奨します。
 対抗にはエプソンC勝ちがあるシンゲンです。本番と似たコースを勝っている馬として、推奨します。東京の2000mならばこの馬にとっては、ベストの条件。それに加え、藤田騎手は混戦に強い騎手です。パドックでは入れ込み気味でしょうが、東京2000mならば折り合いに心配なしです。
 3番手に宝塚記念馬、ドリームジャーニーを推奨。ピッチ走法の同馬にとって、東京の直線は必ずしもプラス要因ではありませんが、過去の東京での競馬は状態がベストではなかったことを考えると、今回はオールカマーを叩いての2戦目、上昇度は見逃せません。

 レースの主役となるウオッカですが、単勝2倍台ほどの信頼は出来ないと判断します。現役トップクラスの実力は認めますが、今回は配当妙味も考え、対象外とします。個人的には、マークされた場合よりも、昨年の天皇賞のように、相手をマークして負かすことが合うタイプの馬とみます。
 あとはカンパニーを押さえたいです。内枠を引いたことはプラスとみています。


 

  

Posted by バシ at 19:05Comments(0)