QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
バシ
競馬歴12年目。的中率アップ目指して奮闘中!
馬券スタイルは単勝と複勝がメインです。
オーナーへメッセージ

  
Posted by at

2009年12月27日

第54回有馬記念

 先週は体調を崩して更新できませんでしたが、いよいよグランプリ有馬記念です。年度代表馬への選出が間違いないウオッカ、ジャパンカップで牡馬の意地をみせたオウケンブルースリがいないグランプリ、本命は牝馬クラシック2冠の3歳馬ブエナビスタが1番人気です。有馬記念で上位に来た牝馬と言えば、自分の競馬歴でいうと、ヒシアマゾン、トゥザヴィクトリー、エアグルーブ、そして見事な勝利を飾ったのが昨年のダイワスカーレットですね。どれをとっても名馬の称号にふさわしい牝馬ばかり、あのウオッカでも有馬記念ではいい成績を残せていないところ、ブエナビスタがどんな走りをするのか楽しみです。
 
 ◎ 9番ドリームジャーニー
 〇 16番フォゲッタブル
 ▲ 14番セイウンワンダー
 △ 3番ミヤビランベリ
 △ 6番エアシェイディ

 春のグランプリ馬ドリームジャーニーを本命とします。天皇賞秋でも注目していた馬ですが、どうも左回り苦手なようです。右回りに変わるここは、宝塚記念でみせた走りを再度みせてくれるでしょう。小回りと直線の急な坂も得意とする馬なので、中山競馬場はピッタリの条件でしょう。
 菊花賞2着から、ステイヤーズステークスを制覇してきたフォゲッタブルを対抗に推奨します。夏場から使ってきているローテーションは大きなマイナス要因ですが、中山競馬場でステイヤーズステークスを勝っていることと、調教内容のよさから3歳馬の中では一番いい走りをするのではと期待しています。
 昨年の2歳チャンピオンのセイウンワンダーを3番手とします。クラシックでは人気を落としながらも、人気を上回る走りをみせたこの馬、今回のような混戦模様の競馬では上位に進出してくるのではないでしょうか。
 G1初挑戦のミヤビランベリ、昨年3着のエアシェイディを抑えとして推奨します。ミヤビランベリは実力上位馬と対戦していないことを魅力に感じます。復調気味のエアシェイディは昨年3着、マツリダゴッホだけじゃなく、この馬も中山競馬場と相性がいいことをお忘れなく。

 ブエナビスタは、クラシックで接戦を演じたレッドディザイアを物差しとすれば、1番人気もうなずけます。レッドディザイアはジャパンカップ3着、上位2頭が出走してこないわけですから。それでも推奨から外したのは配当妙味もありますが、中山競馬場の2500mで、いままでのように凄い脚を繰り出せるのか疑問があるからです。レッドディザイアが好走した東京2400mとなかやま2500mでは全く違うので、ここは思い切って馬券対象から外します。

 いよいよフィナーレを迎えますが、もうひとつ競馬で楽しみなことがあります。それは騎手のリーディング争いです。現在が地方競馬出身の内田博幸騎手がトップで、2位は武豊騎手。武騎手はJRAのリーディングトップであること・・・・何年でしょう。ずっとトップであった武騎手を内田騎手が抜くことができるか楽しみです。おそらく勝利数の差からいっても、内田騎手がトップになると思いますが、これは凄いことです。世の中は『政権交代』でしたが、騎手の世界も政権交代といった様相でしょうか?
 その内田騎手は有馬記念で11番イコピコに騎乗します。ゴール前まで懸命に、手綱を繰る姿はいつも感動させられます。リーディング争いに是非注目を!
 


  

Posted by バシ at 08:29Comments(0)

2009年12月12日

阪神JF

 早いもので、今年のG1もあとわずか・・・・こう考えるのが立派な競馬ファンであります。2週にわたっておこなわれる2歳馬G1は来年のクラシックを占う大事な1戦です。特に牝馬のほうは、ここでの成績がクラシックへ結びつくことが多いので、要チェックです。

 ◎ 16番シンメイフジ
 〇 15番ベストクルーズ

 新潟2歳Sの覇者、シンメイフジを本命とします。レース間隔はあきましたが、新潟2歳Sの内容が素晴らしく、1番人気もうなずけます。飛びぬけて強いとは、まだ思えませんが、2歳戦なら上位だと判断し、本命に推奨。
 対抗はファンタジーS2着のベストクルーズです。レース後の安藤騎手のコメントからも、狙いはここのようでした。タガノエリザベートには負けましたが、ファンタジーSは勝ちにいっての2着です。対抗として推奨します。

   

Posted by バシ at 20:57Comments(0)

2009年12月05日

ジャパンカップダート

 ウオッカの素晴らしい勝利に終わったジャパンカップの余韻も残しつつ、今週は阪神でジャパンカップダートが開催。今年のG1の中でこれほど頭を悩ますG1はないのではないでしょうか?みなさま、どれを本命にするのか迷うG1だと思います。
 古馬のヴァーミリアンを筆頭に、フェブラリーSの勝者サクセスブロッケン、勢いに乗るエスポワールシチーと役者がそろったこのレース、今年一番のG1なのではないでしょうか?
 先行馬がそろっているので、差し馬の台頭に警戒が必要なレースと思います。

 ◎ 12番シルクメビウス
 〇 16番ワンダーアキュート
 ▲ 6番メイショウトウコン

 差し脚鋭い3歳馬シルクメビウスを本命に推奨します。エスポワールシチー、サクセスブロッケンなど先行馬が多いこのメンバー。差し脚質のこの馬を本命とします。実績はもの足りませんが、早い流れになる確率が高いこのレースならば、大駆けが期待できます。
 対抗は上昇著しいワンダーアキュートです。前に行って残る馬はこの馬だと判断します。今が上り調子のこの馬、今回こそチャンスです。斤量も軽い3歳馬がアッと言わせる可能性は高いと見ます。
 早いペースになると考えてメイショウトウコンを3番手とします。末脚の鋭さはメンバー中でもトップクラス。前が早くなるなら、上位進出可能です。
 押さえでマコトスパルビエロを推奨します。スタートさえよければ上位進出可能です。陣営の強気な発言にも注意です。


   

Posted by バシ at 22:26Comments(0)