QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
バシ
競馬歴12年目。的中率アップ目指して奮闘中!
馬券スタイルは単勝と複勝がメインです。
オーナーへメッセージ

  
Posted by at

2010年04月18日

第70回皐月賞予想

 中山開催の最終週を飾る牡馬クラシック第一弾、皐月賞。『速い馬が勝つ』と言われる皐月賞も、昨日の関東地方の降雪で重馬場での開催となります。過去の勝ち馬には、スピード豊富な馬が多くいるのですが、今回はスピードだけでは勝てないのでは。先週の中山競馬では直線で内を通った馬が伸びていたのですが、昨日の不良馬場での開催からの回復がどれくらいか見極める必要があるでしょう。今日は逆に外の方が伸びるんじゃないかとみてますが、内外両方とも悪い馬場なら、圧倒的に先行馬が有利です。

 ◎ 18番アリゼオ
 〇 13番ヴィクトワールピサ
 ▲ 16番ヒルノダムール

 大外枠に入ったアリゼオが本命です。共同通信杯では掛かるところを見せ、3着に敗退後のスプリングSでは逃げてアッサリ勝利のこの馬。能力の高さは折り紙つきです。大外枠を引きましたが、却ってスタートしてから先行し易い枠だうと判断します。鞍上は関東リーディングの横山騎手、たのもしい存在です。先行できる脚質も重馬場の今回は有利でしょう。
 一番人気のヴィクトワールピサを対抗とします。競争成績を見れば、一番人気も文句なしの実力馬。弥生賞での直線の抜け出し方を見れば、牡馬クラシックの主役に躍り出た感がありました。
 3番手にヒルノダムールを推奨します。調教のタイムが素晴らしいので、いい状態で出走してくるでしょう。トライアルの若葉Sは2着に敗れましたが、自らレースを作っての2着。重賞未勝利ですが、こちらも能力が高い一頭です。

 次点で5番ローズキングダムと15番ダイワファルコンを挙げます。ローズキングダムはスプリングS3着に敗れましたが、休養明けが響いたものと判断しています。陣営が言うほど、重馬場が苦手ではないのではと思いますが、果たしてどうでしょう?
 ダイワファルコンは500万条件も勝っていませんが、弥生賞3着で出走権をゲット。こういう馬が過去の皐月賞で波乱を演出しているのです。騎手は関東の北村騎手で、関東開催で人気薄の馬を上位にもってきますから、大穴狙いで一考。

  

Posted by バシ at 07:32Comments(0)

2010年04月11日

第70回桜花賞予想

 桜の開花は年々早くなりつつあり、桜の木も緑の色をつけはじめたころ、阪神競馬場では3歳牝馬の桜の女王を決める一戦です。2歳女王アパパネが人気をあつめていますが、混戦の様相を呈しているようです。

 ◎ 9番アパパネ
 〇 8番オウケンサクラ
 ▲ 6番ワイルドラズベリー

 人気どおりにアパパネを本命とします。チューリップ賞はショウリュウムーンの強襲にあい、2着に敗れましたが、休み明けでいて本番はここだったと考えれば、上々の結果だったと判断しています。レース後は栗東に滞在して調整を続けてきて、長距離輸送のない今回は、メンバー中の上昇度はナンバーワンといって過言ではないでしょう。不安は掛かりやすい気性で、先入れの奇数枠発走、出遅れることがあるとG1でのマイル戦では致命的となります。普通にスタートが切れれば、3着以内にくる可能性は高く、1番人気もうなずけます。
 対抗は連闘でフラワーCを制したオウケンサクラ。4着だったチューリップ賞では、勝ったショウリュウムーンの上がりタイムよりコンマ一秒早い34.6秒の上がりを記録。実力は遜色ない一頭。ローテーションに不安が指摘されますが、調教タイムを見る限り、心配は無用です。
 3番手にワイルドラズベリーを穴として狙います。オープンである紅梅S勝ちのこの馬、チューリップ賞では外枠発走で掛かってしまって7着に敗退しました。今度は馬群に潜り込ませるには好都合な3枠発走。配当妙味からも狙う価値ありと判断しました。
 上記3頭を推奨します。ショウリュムーンは最内枠を嫌って推奨しませんが、もう一頭挙げるならば、この馬ですね。それと13番のアニメイトバイオまで。
  

Posted by バシ at 06:51Comments(0)