QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
バシ
競馬歴12年目。的中率アップ目指して奮闘中!
馬券スタイルは単勝と複勝がメインです。
オーナーへメッセージ

  
Posted by at

2010年10月23日

2010菊花賞予想

 ダービー馬エイシンフラッシュの、戦線離脱でローズキングダムに人気が集中している菊花賞。どの予想紙も、ステイヤーとしての資質を秘めた馬を対抗にする予想が多いようです。ダービーから600m延長した3000mという距離が、波乱を演出するのですが、みなさんの予想はいかに?

 ◎10番ローズキングダム
 〇15番トウカイメロディ

 神戸新聞杯の勝ち方が鮮やかだったローズキングダムが本命です。6番ビッグウィークの川田騎手が、神戸新聞杯のレース後に、上位2頭の能力の高さを認めた発言をしていることからも、このメンバーならトップクラスの能力でしょう。不安は明日の降雨予報です。スプリングS後に陣営が、重い馬場は苦手と発言していたことからも、レース直前までの馬場状態が鍵を握ります。
 夏の古馬とのオープン戦を2連勝したトウカイメロディを対抗とします。2600mの距離で勝っていることも推奨要因ですが、古馬との混合戦を勝っているということに注目しました。

 穴として中山2500m勝ちがある8番トレイルブレイザーと、重馬場になった場合のモンジュー産句、11番リリエンタールに注意です。


   

Posted by バシ at 18:53Comments(0)

2010年10月16日

2010秋華賞予想

 牝馬三冠がかかるアパパネに注目があつまる秋華賞。他の馬にもチャンスがあると予想するかたが多いようですが、牝馬とは言え、二冠を制した実力は見限れません。
 現在の京都の馬場が内枠有利ということもあり、外枠を引いた馬の陣営からも、内枠を希望していたコメントも聞かれますが果たして、どんな秋華賞になるのか、今から楽しみです。

 ◎ 15番アパパネ
 〇 13番ワイルドラズベリー
 ▲ 3番ショウリュウムーン

 最低でも3着に来る可能性が一番高い馬として、アパパネを本命とします。ローズSはプラス体重で出てきての4着。あくまでも本番を見越しての仕上げであったので、ここでの上昇度はメンバー中随一と判断します。掛かり癖だけが不安な点ですが、陣営も心配していた2400mのオークスを制したのであれば、大丈夫でしょう。
 対抗は桜花賞でも狙ったワイルドラズベリーです。強烈な差し脚が武器なんですが、この馬も掛かり癖がある馬です。強く
信頼は出来ませんが、上がり3Fのタイムを見る限り、アパパネを破る可能性を秘めていると思います。京都内周り2000mは先行馬有利なのですが、個人的には秋華賞に限って、意外と末脚が強烈な馬が連に絡む印象があります(データには基づいてなく、あくまで印象です)。
 ショウリュウムーンを3番手とします。クイーンCは直線で内で進路が取れずに敗れましたが、チューリップ賞でアパパネを破った実力は見限れません。内枠を引いたことも有利に働きそうです。
  

Posted by バシ at 20:39Comments(0)

2010年10月03日

スプリンターズS予想

 秋のG1開幕を告げるスプリンターズステークスがいよいよ開幕です。今年は混戦ムードが漂う中、香港のグリーンバーディが人気の中心となっているようです。

 今回の予想の肝は、中山1200mのコース形態を考えれば、やはり先行馬が有利と判断します。

 ◎ 5番 ビービーガルダン
 〇 9番 ローレルゲレイロ

 本命はビービーガルダンです。本来なら、主役のキンシャサノキセキが前走を体調不良で回避。札幌で使われてきたこの馬を本命に推奨します。不安な点を挙げれば、スタート後に脚に勢いがつかなくなっていることだけです。

 ローレルゲレイロを対抗とします。昨年のスプリンターズS以来、成績は振るわないのですが、ドバイでの走りを見る限り、能力の高さは間違いがないので、先行馬有利と判断して、対抗に推奨します。


  

Posted by バシ at 09:45Comments(0)