QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
バシ
競馬歴12年目。的中率アップ目指して奮闘中!
馬券スタイルは単勝と複勝がメインです。
オーナーへメッセージ

  
Posted by at

2010年11月13日

エリザベス女王杯予想

 天皇賞は直前まで、台風の影響で馬場がどうか分からずに更新が滞りましたが、今週はしっかり予想します。

 牝馬のG1エリザベス女王杯ですが、ブエナビスタが世界レベルの馬であることを証明してしまったので、若干『女王』という響きが似合わなくなるかもしれませんね・・・・まぁ、ブエナビスタは別格と言ってよいでしょうが。
 
 ◎ 5番アパパネ
 〇 9番メイショウベルーガ

 人気どおりの予想となりますが、主役の三冠牝馬アパパネが本命です。新聞各紙では、京都2400mの牡馬混合の重賞2勝のメイショウベルーガを上位にとる予想が多いようですが、2キロの斤量差がアパパネに有利に働くとみています。
 この時期の3歳牝馬と古馬の2キロ差というのは、以前から申している通りに3歳牝馬が有利なのがエリザベス女王杯です。人間で言ったら、20歳くらいの女性アスリートが20歳以上のアスリートと2キロのハンデをもらう訳ですから、これは結構大きいですよ。能力が開花する頃の牝馬が古馬牝馬と2キロのハンデをもらうのですから、ここはアパパネ有利です。
 メイショウベルーガが勝つとしたら、アパパネを徹底的にマークするパターンでしょうね。これなら想像できるパターンです。京都外回りの長い直線で、かわすことは可能だとみます。

 3番手にはアニメイトバイオを推奨します。推奨した2頭を負かすとしたら、この馬しかいません!

  

Posted by バシ at 21:14Comments(0)