QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
バシ
競馬歴12年目。的中率アップ目指して奮闘中!
馬券スタイルは単勝と複勝がメインです。
オーナーへメッセージ

2008年10月03日

スプリンターズステークスでいよいよG1スタート

 秋のG1シリーズがいよいよ開幕。電撃の6F戦、スプリンターズステークス!阪急杯、キーンランドC、北九州記念と別々のステップレースを踏んできた有力馬がここに終結。秋のスプリント王の栄冠は一体どの馬に。

 いよいよ始まる秋のG1ですが、中山1200mの特徴から述べます。中山1200mは圧倒的に、先行馬有利なコースです。スタートしてからゆったりとした下り坂で加速した馬が、そのままの勢いでゴールすることが多いのです。スタートしてから最初のコーナーがややきついので外枠の方が、コーナリングが楽との意見もあります。直線ゴール前に坂がありますが、過去の勝ち馬を見てみると、先行した勢いで勝つ馬が多いのがこのレースの傾向です。昨年のアストンマーチャンなどが良い例です。近年でいえば、デュランダルが追い込みで勝ちましたが、これは例外。デュランダルの能力が抜けていたからこそ、できた芸当です。
 ちなみに、中山1600mも先行有利の傾向があります。こちらは外枠が不利になることが多いです。覚えていて損はないデータですよ。

 ◎ 14番スリープレスナイト
 ○ 15番キンシャサノキセキ
 ▲ 11番スズカフェニックス
 × 5番シンボリグラン

 本命はスリープレスナイト。能力最上位と判断してます。前走、北九州記念は圧倒的な強さで快勝。人気上位馬との対戦がありませんが、調教と状態の良さからも、ここは固い軸です。
 対抗にキンシャサノキセキ。キーンランドC3着は、位置取りがたまたま悪くなっての負けであって、実力は上位です。スリープレスナイトをみながら競馬ができるのも強みですので、逆転可能です。
 スズカフェニックスは、乗り代わり、調教タイムが悪いこと、馬体重がプラスになりそう・・・・と不安要素が多いのですが推奨します。メンバー構成から、ペースが早くなること、差し脚質の馬が少ないこと、鞍上は中山得意の横山典弘ということもあり、見限ることはできません。これだけ先行馬が揃うと、ゴール前一気の脚が見れるかもしれません。
 シンボリグランにも注意。もともと出遅れ癖がついてスランプに陥りましたが、気性が大人になってからスムーズに競馬ができています。好走可能とみます。
 大穴を挙げるなら、1番アポロドルチェ。勝浦騎手で最内枠ときたら、タガノバスティーユの3着が記憶にあるところ。能力的には、掲示板もおかしくないので要注意。
 
 ファイングレインは内枠を引いてしまったので、推奨しません。先行馬を捌けるか不安が多すぎます。カノヤザクラは出遅れ癖が解消しつつありますが、調教があまり良くなかったので推奨外。ビービーガルダンは、さすがにこれだけの先行馬が集まっては、苦しいと判断します。


 スプリンターズステークスの後は、日曜深夜にフランスで凱旋門賞が開催されます。日本馬は、メイショウサムソンが出走します!オッズも20倍くらいの評価ですが、頑張って欲しいものです。
 
 

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。