QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
バシ
競馬歴12年目。的中率アップ目指して奮闘中!
馬券スタイルは単勝と複勝がメインです。
オーナーへメッセージ

2008年10月11日

毎日王冠と京都大賞典

 いよいよ春のG1馬が始動、伝統の毎日王冠と京都大賞典が今週のメイン。天皇賞秋を前に見逃せないレースです。

 毎日王冠から予想を

 ◎ 3番ウォッカ
 △ 15番トーセンキャプテン
 △ 1番サクラメガワンダー

 本命ウォッカを不動の軸として推奨します。安田記念の走りを見れば、ここでも主役の座は間違いありません。世界レベルの牝馬なのですから、ここは負けられない1戦です。
 ウォッカの相手探しとなるのですが、このメンバー表をみて頭を痛めるかたが多いのではないでしょうか。そうです、ウォッカ意外は横並びの印象が強いのです。
 ということで、相手としてトーセンキャプテンとサクラメガワンダーを推奨します。実績どおりならスーパーホーネットなのですが、安田記念の後の藤岡騎手の発言で、東京の1600mだと最後に脚が上がっていたそうです。そうです、マイルCS2着は京都の1600mだからこその結果。スーパーホーネットは純粋なマイラーだと判断して、推奨外に。
 トーセンキャプテンは、3歳時に高い評価を受けて、骨折明けからなかなか結果がでなかったのですが、前走で見事な復活を遂げました。レース間隔もあけてきているので、人気の低いここは狙いどころです。
 サクラメガワンダーも古馬になって安定感がでてきました。輸送に弱いという弱点があるので、当日のパドック次第ですが、実力は上位なので推奨します。

 京都大賞典はメンバーが手薄な印象があります。アドマイヤジュピタは負けられない1戦ですね。

 ◎ 4番アルナスライン
 ○ 6番アドマイヤジュピタ
 
 アルナスラインを上位に推奨します。昨年3着の実績があり、休み明けのほうが走るこの馬、ここでアドマイヤジュピタを倒して、現4歳牡馬のレベルが低いという汚名返上といきたいものです。宝塚記念で示した通り、道悪下手&使い詰めが苦手と弱点がありますが、休養明けのここは勝負と見てます。
 アドマイヤジュピタはもしかしたら、パドックであまりにも太いのなら、評価をさげます。フレンチデピュティ産句のこちらは、使いつつ良化するタイプ。狙いは秋の古馬G1三連勝なので、休養明けは割引が必要です。ただし実力は1番ですので、押さえは必要です。


 凱旋門賞に挑戦したメイショウサムソンは、残念な結果におわりましたが、このトライには賞賛を送りたくおもいます。結果から言えば、褒められたものではありませんが、この挑戦が日本競馬界にとって、いつか意味があるものだったと思う日がくると思うからです。
 10年前であれば、凱旋門賞に挑戦となると夢のような話だったのですが、いまでは輸送のノウハウも多くついたのでしょう。数多くの日本馬が海外で走っています。凱旋門賞を日本馬が勝つ日は、必ずくると信じています。
 


 

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。