QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
バシ
競馬歴12年目。的中率アップ目指して奮闘中!
馬券スタイルは単勝と複勝がメインです。
オーナーへメッセージ

2008年11月15日

エリザベス女王杯

 今週は牝馬のG1、エリザベス女王杯!ウオッカとダイワスカーレットが不在のところ、カワカミプリンセスが人気になりそうです。京都2200mは、外回りで直線が長くなるので、末脚自慢の馬の連体率が高いレースです。

 ◎ 15番カワカミプリンセス
 ○ 13番ベッラレイア
 △ 16番リトルアマポーラ

 本命のカワカミプリンセスは、前走の府中牝馬Sで2着。春に発症した筋肉痛から、じっくりと間隔を取って立て直してきました。2年前は1位入線からの降着がありましたが、ここは雪辱を果たす可能性が高いです。能力からも、断然の本命推奨です。

 対抗はベッラレイア。天気が心配ですが、良馬場で直線が平坦な外回りの京都ならば、悲願のG1奪取も夢ではありません。このメンバーならば、連に絡む確立は高いとみてます。

 カワカミプリンセスとベッラレイアが能力上位と判断します。本来は、斤量の上で3歳馬が有利なレースですが、今年はいかんせん抜けた馬がいないとみてます。レジネッタの末脚も強力とは思いますが、2200mで古馬との対戦となると、力不足ではないでしょうか。エフティマイアは直線が長くなることで、瞬発力勝負となると力不足の印象があります。ポルトフィーノも人気になりそうですが、同世代トップレベルとの対戦がないので、能力の判断がし難いです。武豊騎手が乗ることで、過剰人気になるのではないでしょうか。距離も長いと見てます。
 そこで3番手として、リトルアマポーラに注目。オークスで人気になったように、末脚が自慢のこの馬、鞍上にルメール騎手を迎えました。長い京都の直線なら、上位進出が可能です。

 


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。