QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
バシ
競馬歴12年目。的中率アップ目指して奮闘中!
馬券スタイルは単勝と複勝がメインです。
オーナーへメッセージ

2008年11月22日

マイルチャンピオンシップ予想

 今週のG1は京都1600mで争われるマイルCS。過去を振り返ると、中距離で好成績を残した馬が活躍するこのレース。今年は主役級の馬が不在のところ、スーパーホーネットの実績が抜けた感があります。

 ◎ 17番スーパーホーネット
 ○ 1番ローレルゲレイロ
 ▲ 7番ブルーメンブラット

 毎日王冠でウオッカを破ったスーパーホーネットが本命です。昨年もダイワメジャーに、あと一歩まで迫った能力の高さは折り紙付きです。安田記念後には、東京1600mだと脚が止まるとの騎手コメントがありましたが、毎日王冠では200m長い距離を勝ってるわけですから、ここは軸として信頼します。ただし、不安がひとつ・・・・それは藤岡騎手です。安田記念は1番人気で、緊張してしまっていたようなので、1番人気となるここも不安要素ではあります。それでも実績は断然ぬけてますから、連に絡む確立は高いでしょう。

 ローレルゲレイロは、調教が素晴らしい動きでした。内枠を引いたことと、今の京都競馬場は先行した馬が残る展開が多いこともプラス要因です。2歳時から能力の高さは評判でしたから、ここはチャンスが十分にあると思います。
 ブルーメンブラットは対抗に推奨しようか迷いました。調教の内容からも体調の良さが伺えますし、京都の平坦な直線になれば、この馬の末脚が生きると考えてます。調教後の馬体重が増えていたので、輸送でどれくらい絞れるかのチェックが必要と考え3番手に推奨します。

 馬券は上記3頭ボックスで勝負です。


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。