QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
バシ
競馬歴12年目。的中率アップ目指して奮闘中!
馬券スタイルは単勝と複勝がメインです。
オーナーへメッセージ

2009年03月20日

スプリングSと阪神大賞典

 今年の桜の開花は例年よりも早くなる予報がでていますが、G1の開幕も早いもので、もうすぐです。いよいよ春の到来を実感する今日このごろ。今週はG1トライアルが開催。クラシック、天皇賞を目指す馬の戦いが見れます。今年も春は大荒れの予感がします。

 土曜日に桜花賞トライアルのフラワーCが開催。フラワーCの勝ち馬からは、近年G1馬が続出していますので、チェックが必要な1戦です。

 フラワーCの本命は16番ディアジーナです。断然の人気になるでしょうが、連に絡む確率が高いと思います。フラワーCの傾向としても、人気馬の連帯率が高いので、ここは逆らえない1番人気馬と見ます。単勝馬券で勝負が間違いないかと・・・
 勝ったとしても、桜花賞には出走せずにオークスを目指して調整するようですが、チェックが必要です。

 日曜日の中山メインのスプリングSは勝ち馬の中から、皐月賞で馬券対象になる馬が多いので、ここも要チェックです。

 出馬表の発表前ですが、本命はフィフスペトルです。距離の不安を指摘される声もありますが、能力の差で勝つと判断します。このメンバーならば、連は硬いでしょう。鞍上に武騎手を向かえ万全の体制。現時点では皐月賞で狙いたい1頭ですが、ここで負けるようなら、やはり距離が長いのでしょう。個人的には2000mまでなら能力でカバーできるとみてます。
 あと1頭あげるなら、レッドスパーダです。調教の動きが良かったことと、中山で人気薄をよく連対させる北村騎手なので、注意したいですね。

 阪神大賞典は、トップハンデでもJC馬スクリーンヒーローが本命です。スローな流れが向くこの馬にとって、3000mはもってこいのコースではないでしょうか?相手はアサクサキングスです。
 オーケンブルースリは、ここでどれだけやれるか試金石の1戦でしょう。菊花賞は相手が弱かったので、ここで強い相手にどれだけやれるかで実力を判断したいと思います。



 




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。