QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
バシ
競馬歴12年目。的中率アップ目指して奮闘中!
馬券スタイルは単勝と複勝がメインです。
オーナーへメッセージ

2009年10月24日

混戦の菊花賞

 ダービー馬・ロジユニバースが参戦しない今年の菊花賞、春の実績馬が秋緒戦で敗れたこともあり混戦模様に拍車が掛かっています。菊花賞と言えば、スタミナが勝利への重大要素と言われ、人気の低いステイヤー血統の馬が劇走することも過去にありました。近年はスローに流れての直線勝負が傾向としてみられますが、淀の3000mはスタミナが必要なコースです。

 ◎ 14番イコピコ
 〇 5番アンライバルド
 ▲ 12番セイウンワンダー

 神戸新聞杯を勝ったイコピコを本命に推奨します。2400mのレースでも折り合いが付いたこの馬は、菊花賞の3000mでも折り合いが問題ないと判断します。気性難であったり、折り合いが難しいライバルが多いなかで、この馬のレースセンスの良さを買います。
 アンライバルドはトライアルの道中で掛かりっぱなしのレースをしました。本番に向けて不安が残る緒戦だったのですが、2走目の変わり身があるとみています。能力は皐月賞でも示したとおり、同世代ナンバーワンの実力です。2000mがこの馬にとってベストなのかもしれませんが、能力の高さを無視するわけにはいきません。母父がサドラーズウェルズで、兄のフサイチコンコルドは菊花賞で3着。スタミナに不安はありません。
3番手にセイウンワンダーです。2走目の変わり身が多いに期待できる馬です。距離は長いかもしれませんが、メンバーを見渡しても3000mが適距離な馬も見当たりませんし、能力の高さでカバーできると思います。

 1番人気リーチザクラウンは、当日の気配のチェックが絶対必要な馬です。神戸新聞杯の当日も競馬場に到着した後、暴れてしまい、-18kgで出走となりました。おそらく逃げの戦法を取るかと思いますが、武騎手もコメントしてる通り、3000mを逃げ切るには陣営も若干不安のようです。なので無印としました。


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。