QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
バシ
競馬歴12年目。的中率アップ目指して奮闘中!
馬券スタイルは単勝と複勝がメインです。
オーナーへメッセージ

スポンサーサイト

  
Posted by スポンサー広告 at

2009年03月14日

中山牝馬Sとフィリーズレビュー

 冬も終わり、G1のスタートまであと少し・・・・今週は東西で牝馬の重賞開催。中山牝馬ステークスでは桜花賞場キストゥヘヴンが引退レース。思い入れのある馬の引退レースだけに。感慨深いものがあります。

 まずはフィリーズレビューです。

 ◎ 2番パールシャドウ
 〇 7番ワンカラット

 阪神1400mで争われるフィリーズレビュー、人気になりそうなミクロコスモスの末脚は注目に値しますが、出遅れ癖があるので、ここは評価を下げます。本命パールシャドウはデビューから東京で2連勝。この戦績に注目。切れ味だけでなくて、スタミナも必要な東京のマイル戦を連勝した実績を重視します。岩田騎手に変わるのも、推奨要因です。
 ワンカラットは休養明けですが、ファンタジーSで2着の実績。デキ次第では本命に狙いたい1頭です。

 中山牝馬S

 ◎ 1番ザレマ
 〇 8番キストゥヘヴン

 最内枠を引いたザレマを本命に推奨します。中山マイル戦勝ちの実績に注目。馬場が回復すれば、さらに上昇の余地があります。
 桜花賞馬キストゥヘヴンはここが引退レース。斤量が同じなら断然の本命ですが、トップハンデである以上、評価を下げます。
 
 個人的にはキストゥヘヴンに勝ってほしい1戦です。トールポピーは中山コースが向かないとみてます。


  

Posted by バシ at 19:07Comments(0)