QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
バシ
競馬歴12年目。的中率アップ目指して奮闘中!
馬券スタイルは単勝と複勝がメインです。
オーナーへメッセージ

  
Posted by at

2009年11月27日

世界レベルのジャパンカップ

 いよいよジャパンカップの開催です。来週のジャパンカップダートと共に、海外の強豪を招待しておこなわれるのがジャパンカップの真髄ですが、今年はなんといっても16番コンデュイットに注目。キングジョージを勝利して、凱旋門賞は歴史的名馬との賞賛高いシーザスターズの4着、そしてアメリカのBCターフを勝利した馬が、ここ日本で走るわけです!これは凄いことです!
 こんな凄い馬がなぜにBCターフを勝利した後にジャパンカップに出走するのか・・・・実はこの馬ジャパンカップで引退後にマイネルで有名なビッグレッドファームで種牡馬になることが決定しているのです。
 だから顔見せくらいの仕上げで陣営は挑んでくる・・・・そう考えるのは早計です。過去にもファブルラヴやアドマイヤムーンが事前に種牡馬入りの前の引退レースのジャパンカップを勝っているわけです。実績からいうと世界トップクラスの馬が出走してくるので、大注目のジャパンカップです。

 ◎ 10番 オウケンブルースリ
 〇 18番 スクリーンヒーロー
 ▲ 16番 コンデュイット

 本命は天皇賞秋4着のオウケンブルースリです。個人的には2000mがこの馬の適距離と見ていたのですが、レース後の内田騎手のコメントからもどうも、もう少し距離があったほうがいいタイプのようです。展開としてもリーチザクラウン、コスモバルク、エイシンデピュティが引っ張る展開になると予想し、直線での瞬発力勝負にはなりにくいと予想します。この馬にはある程度スタミナを消耗する流れのほうがあっているのでしょう。大本命です。
 スクリーンヒーローは天皇賞2着で、東京競馬場での強さをまざまざと見せつけました。上がりタイムも優秀でしたし、春の不振は体調管理がうまくいかなかったことが原因のようです。叩いたここは上昇度がメンバー中最高とみます。おそらく東京競馬場ならそうそう恥ずかしい競馬をしない馬です。
 冒頭で注目と推奨したコンデュイットを3番手とします。正直ウオッカとどちらを3番手にするか迷いました。世界とトップレベルの実力馬と評価しつつも、凱旋門賞からBCターフ、そしてジャパンカップというローテーションの厳しさが3番手とさせました。それでも凱旋門賞のあとにアメリカに渡って勝利しているあたり輸送馴れした馬なのでしょう。押さえないわけにはいきません。

 

  

Posted by バシ at 21:19Comments(0)

2009年11月21日

マイルチャンピオンシップ

 天皇賞馬のカンパニーが断然人気のマイルチャンピオンシップ。メンバー表を見ると、いささかG1にしては物足りなく感じています。秋の天皇賞で好走した馬がマイルCSでも好走するデータは競馬ファンなら知るところ、カンパニーから馬券を考えるのがセオリーでしょう。

 ◎ 4番カンパニー
 〇 9番キャプテントゥーレ
 ▲ 2番マルカシェンク

 本命カンパニーは、コメントの必要もないかと思います。負けたとしても、馬券対象内の3着まではくるでしょう。内枠を引いたので、横山騎手も極端な追い込み策ではなく、発馬が決まれば、好位での競馬をするのではと考えます。負けるとしたら、外に出すのに手間どった時です。
 対抗のキャプテントゥーレは天皇賞で惨敗して人気を落としています。この馬は3歳時の弥生賞の結果で距離を不安視され、皐月賞では人気を落としての勝利。2000mが得意な距離と見られていますが、個人的には2歳時のデイリー杯の勝利のときのように、マイルくらいが適距離ではないかと見ています。
 マルカシェンクを3番手で押さえます。富士Sでの上がり3Fのタイムは素晴らしく、ここ最近復調ムードなのが買いです。好調時の切れ味はメンバー中トップクラスです。


  

Posted by バシ at 20:02Comments(0)

2009年11月14日

女王の行進

 秋華賞馬レッドディザイアが出走を回避し、三冠を逃したブエナビスタに人気が集中するエリザベス女王杯。レッドディザイアには出走してきて欲しかったというのが、本音です。ブエナビスタとの対決を再度見たかったというファンも多いことでしょう。
 エリザベス女王杯は京都の外回り2200mで争われます。ファンならばご存知でしょうが、京都の外回りと言えば、末脚が活きるコースです。ブエナビスタにとっては、断然有利なコースと言えるでしょう。加えて3歳馬の斤量が古馬よりも2キロ軽いことも、有利です。ここは逆らえない1番人気と言っていいでしょう!

 ◎ 16番ブエナビスタ
 〇 2番メイショウベルーガ
 ▲ 9番ブラボーデイジー

 本命のブエナビスタは、コメントも必要ないでしょう。外枠からの発馬なので、後方待機から3コーナーで進出し4コーナー大外を回って直線で勝負という作戦でしょう。他馬との能力の差を考えれば、最悪でも2着にくる可能性は高いでしょう。
 対抗には上がり3F33秒台の末脚が魅力のメイショウベルーガです。前走が同距離・同コース。これは押さえないわけにはいきません。古馬の中では、状態ピークのこの馬を一番手とみます。鞍上も京都で追い込みが得意な池添騎手、大駆けが期待できます。
 3番手にブラボーディジーです。府中牝馬Sは大敗しましたが、休み明けで先行した馬にはきついペースのレースでした。叩いたここは、上昇が見込めます。メンバー構成からも先行馬が少ないので、前残りも可能とみます。おそらくテイエムプリキュアが逃げるところ、2番手ですすむ作戦でしょう。ヴィクトリアマイル2着の成績を忘れてはいけません。

 ブロードストリートはローズSがレコード走の後、G1秋華賞で不利がありながら2着の結果。状態の上昇はあまり見込めないとみます。配当妙味からも、推奨外とします。



  

Posted by バシ at 20:16Comments(0)