QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
バシ
競馬歴12年目。的中率アップ目指して奮闘中!
馬券スタイルは単勝と複勝がメインです。
オーナーへメッセージ

  
Posted by at

2009年04月25日

フローラS予想

 日曜東京のメインはオークストライアルのフラーラステークス。桜花賞馬ブエナビスタを負かす馬がでてくるのか、注目の一戦です。3歳牝馬にとっては、2000mの距離が初めてという馬もいるので、距離適正の見極めが予想の肝です。

 ◎ 12番ワイドサファイア
 〇 16番ディアジーナ

 人気どおりの予想となりますが、エルフィンS2着のワイドサファイアを本命とします。調教の動きも良く、オークス出走の為に状態は絶好です。毎日杯は牡馬に混じって7着ですが、牝馬限定戦なら実力上位です。
 対抗はディアジーナ。フラワーカップはスローな流れの中、追い込んで2着。東京競馬場に舞台を移せば、上位に食い込む確立は高いと判断します。桜花賞をパスしてのオークス狙いの馬なので、連に絡む確立は高いと思います。

 ミクロコスモスは、桜花賞トライアルでも結果でずじまいでしたので、馬券対象とはしません。1400mを使った後で、2000mへの距離延長に対応できるか疑問があります。

 京都メインのアンタレスSは当日が重馬場ならば、10番サトノコクオーを狙います。対抗は16番メイショウトウコンです。


  

Posted by バシ at 10:27Comments(0)

2009年04月18日

皐月賞は3強?

 今年の皐月賞はロジユニバース、アンライバルド、リーチザクラウンの3強そろい踏みで盛り上がっていますが、果たして上位3頭を3強で独占するのでしょうか?人気薄の馬が突っ込む余地はないのか頭を悩ませます。

 ◎ 16番アンライバルド
 〇 18番リーチザクラウン
 ▲ 10番ゴールデンチケット

 スプリングS勝ちのアンライバルドが本命です。スプリングSの上がり3Fを見る限り、決め手は3強の中でもこの馬が一番と判断します。外枠を引いたこともプラスでしょう。馬券対象になる確立が一番高い馬です。

 対抗のリーチザクランは、条件つきの対抗推奨です。能力で判断すれば、3冠が狙える馬ですが、今回は初遠征というのが不安要因です。馬体の細化も指摘されていますが、前走から大幅な馬体減になった場合は対象から除外します。なので、馬体重とともに、パドックで入れ込みが酷くないか、返し馬で入れ込んでないかのチェックが必要な馬です。加えて大外枠なので、スタンドの歓声に驚くことも考慮にいれたほうがよいでしょう。それでも能力の高さを買っての対抗推奨です。

 3番手にゴールデンチケットを推奨します。毎日杯で、NHKマイルカップで人気になるであろうアイアンルックの2着の実績。調教の動きが良かったので、穴馬として推奨します。

 ロジユニバースは1番枠を引いたことから、実力は認めますがあえて対象外とします。最内を引いたことで、乗り方の選択が狭まったと思います。思い切って前に行くしかなくなったので、18頭立てでポジション争いが激しくなる1コーナー手前で脚を使わざるを得ません。内に潜り込んだ場合も、馬群を捌くのに手間取る可能性があるので、配当妙味も考え、あえて対象外とします。

 馬券はアンライバルドとリーチザクラウンが本線です。2頭軸で流す場合は、ゴールデンチケット、14番アントニオバローズ、12番フィフスペトルを3着候補として押さえます。




 


  

Posted by バシ at 19:05Comments(0)

2009年04月10日

いよいよ桜花賞!

 今年の桜前線は例年よりも早く、すでに散り始めていますが、阪神競馬場では桜の女王を決める一戦、桜花賞が日曜メインです。ブエナビスタが圧倒的な1番人気になりそうですが、あの馬の能力に逆転できる馬は果たしているのでしょうか?

 ◎ 9番ブエナビスタ
 〇 18番レッドディザイア
 ▲ 1番ダノンベルベール

 本命は文句なしでブエナビスタです。チューリップ賞の内容からもコンスタントに上がりが早い脚を使える能力の高さ、不動の軸です。恐らく直線勝負の競馬をするでしょうが、コース改修後の阪神1600mならば、差しきりは可能です!
 対抗にエルフィンS勝ちのレッドディザイアを推奨します。京都競馬場で上がり34秒前半のタイムを2度もだしている能力に期待です。大外枠でも、今の桜花賞ならば差し馬にとっては逆にプラスですし、ブエナビスタと対戦していないこの馬こそ逆転の可能性を秘めていると判断します。
 3番手のダノンベルベールは、枠順発表前までは対抗でしたが、最内枠を引いたことで評価を下げました。コースロスなく直線に向かえるのはいいことですが、阪神マイルはなかなか内が開かないシーンが多い印象を抱いてますので、3番手とします。それでも、関東馬として輸送を避けて、滞在競馬にしていること、調教の動きが絶好なこともあり、上位進出は可能です。後藤騎手の乗り方次第ではチャンスがある馬です。

 馬券は上記3頭ボックスで勝負です。

 注意が必要な馬として、14番バンブールージュ、7番サクラミモザを挙げます。

 




  

Posted by バシ at 21:03Comments(0)

2009年04月04日

大阪杯予想

 いよいよ昨年のダービー馬ディープスカイが始動。天皇賞は見送り、中距離のレースに専念するようですが、どれだけ強くなるか楽しみな1頭です。

 ◎ 11番ディープスカイ
 ▲ 4番アドマイヤフジ
 △ 5番ヴィクトリー

 本命は斤量59kgでもディープスカイです。軸馬として信頼します。調教の動きからも、休み明けの不安はなさそうです。最悪でも馬券対象になると判断します。
 馬券はディープスカイからアドマイヤフジ、ヴィクトリーに流します。

 アドマイヤフジは、直線に坂があるこの距離なら上位進出は可能と判断します。状態も良さそうですから、掲示板は確保できると思います。
 ヴィクトリーは、やはり皐月賞を勝った能力に期待したいですね。近走は復調の気配を感じさせる走りを見せていますので、ここで復活の走りを見せてほしいですね。

 ダービー卿CTはサイレントプライドをパドック次第で狙うつもりです。



  

Posted by バシ at 22:50Comments(0)