QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
バシ
競馬歴12年目。的中率アップ目指して奮闘中!
馬券スタイルは単勝と複勝がメインです。
オーナーへメッセージ

  
Posted by at

2009年10月31日

決戦の天皇賞

 昨年の秋の天皇賞は歴史に残るレースでした。今年も熱い戦いがおこなわれそうな府中の2000m、主役はウオッカですが、目が一瞬でも話せない一戦となりそうです。

 ◎ 15番オウケンブルースリ
 〇 10番シンゲン
 ▲ 12番ドリームジャーニー

 休み明けの京都大章典を勝ったオウケンブルースリが本命です。3歳の夏の新潟での条件戦の勝ち方が素晴らしかったこの馬、武豊騎手も走ると認めたこの馬が大本命です。春の惨敗の後、建て直しのために放牧に出した厩舎の英断が活きたのか、休み明けの京都大章典を快勝。3歳時にはウオッカにはかないませんでしたが、成長度を考えるとこの馬はメンバー中1番だと思います。リーディングをウオッカの武騎手と争う、鞍上・内田騎手の気合も相当と判断し、本命に推奨します。
 対抗にはエプソンC勝ちがあるシンゲンです。本番と似たコースを勝っている馬として、推奨します。東京の2000mならばこの馬にとっては、ベストの条件。それに加え、藤田騎手は混戦に強い騎手です。パドックでは入れ込み気味でしょうが、東京2000mならば折り合いに心配なしです。
 3番手に宝塚記念馬、ドリームジャーニーを推奨。ピッチ走法の同馬にとって、東京の直線は必ずしもプラス要因ではありませんが、過去の東京での競馬は状態がベストではなかったことを考えると、今回はオールカマーを叩いての2戦目、上昇度は見逃せません。

 レースの主役となるウオッカですが、単勝2倍台ほどの信頼は出来ないと判断します。現役トップクラスの実力は認めますが、今回は配当妙味も考え、対象外とします。個人的には、マークされた場合よりも、昨年の天皇賞のように、相手をマークして負かすことが合うタイプの馬とみます。
 あとはカンパニーを押さえたいです。内枠を引いたことはプラスとみています。


 

  

Posted by バシ at 19:05Comments(0)

2009年10月24日

混戦の菊花賞

 ダービー馬・ロジユニバースが参戦しない今年の菊花賞、春の実績馬が秋緒戦で敗れたこともあり混戦模様に拍車が掛かっています。菊花賞と言えば、スタミナが勝利への重大要素と言われ、人気の低いステイヤー血統の馬が劇走することも過去にありました。近年はスローに流れての直線勝負が傾向としてみられますが、淀の3000mはスタミナが必要なコースです。

 ◎ 14番イコピコ
 〇 5番アンライバルド
 ▲ 12番セイウンワンダー

 神戸新聞杯を勝ったイコピコを本命に推奨します。2400mのレースでも折り合いが付いたこの馬は、菊花賞の3000mでも折り合いが問題ないと判断します。気性難であったり、折り合いが難しいライバルが多いなかで、この馬のレースセンスの良さを買います。
 アンライバルドはトライアルの道中で掛かりっぱなしのレースをしました。本番に向けて不安が残る緒戦だったのですが、2走目の変わり身があるとみています。能力は皐月賞でも示したとおり、同世代ナンバーワンの実力です。2000mがこの馬にとってベストなのかもしれませんが、能力の高さを無視するわけにはいきません。母父がサドラーズウェルズで、兄のフサイチコンコルドは菊花賞で3着。スタミナに不安はありません。
3番手にセイウンワンダーです。2走目の変わり身が多いに期待できる馬です。距離は長いかもしれませんが、メンバーを見渡しても3000mが適距離な馬も見当たりませんし、能力の高さでカバーできると思います。

 1番人気リーチザクラウンは、当日の気配のチェックが絶対必要な馬です。神戸新聞杯の当日も競馬場に到着した後、暴れてしまい、-18kgで出走となりました。おそらく逃げの戦法を取るかと思いますが、武騎手もコメントしてる通り、3000mを逃げ切るには陣営も若干不安のようです。なので無印としました。

  

Posted by バシ at 18:10Comments(0)

2009年10月17日

秋華賞で牝馬三冠か?

 ブエナビスタの牝馬三冠達成が果たせられるのか、レッドディザイアの逆襲があるのか、みなさん大注目の秋華賞。過去にメジロラモーヌ、スティルインラブの2頭しか達成できなかった、牝馬三冠という偉業。個人的にも桜花賞、オークス、秋華賞(過去はエリザベス女王杯)を勝つ牝馬はなかなか目にかかれないので、明日の1戦は、歴史的にも注目の1戦といってよいと思います。

 さて秋華賞ですが、京都の内回り2000mで争われますが、この内回りというのがくせものです。桜花賞・オークスで鋭い脚をみせた馬が人気になることが多いのですが、内回りになると直線の距離が短くなることに加えて、もともと京都は直線が平坦であるため、先行馬がそのまま粘るパターンが多いのが要因かと考えます。今回もブエナビスタにとっては、好ましくないコースと言えるでしょう。陣営もコースは外回りの方がいいと発言していて、札幌記念の2着も、コーナーで加速がつきにくかったようです。となれば、ブエナビスタにも死角ありとみたほうが賢明です。

 ◎ 5番レッドディザイア
 〇 3番ブエナビスタ

 予想は前述したとおり、京都内回りのコースであることと、ブエナビスタよりも外枠を引いたことから、レッドディザイアが本命です。オークスでの着差を逆転できると見ています。他馬との能力比較でも抜けていて、敵はブエナビスタ一頭とみます。不安があるとすれば、ローズSがレコード決着、休み明けでの激走のダメージの心配だけです。
 対抗はもちろんブエナビスタ。能力だけでいえばナンバーワンの牝馬ですが、脚質とコース適正を考えて、割引きしました。おそらく、直線まで貯めた脚を爆発させる作戦だろうと判断しますが、果たしてゴール前で届くのかどうか?大注目の1頭です!東京競馬場ならば、古馬との対戦でもそうそう負けないと思います。

 2頭が本線ですが、17番ワイドサファイアを穴で検討しています。ローズSのパドックでは良く見えたのと、馬込みを嫌うこの馬が外枠を引いたことに注目してます。大外から出遅れずに先行できれば、3着になだれ込んでくるのではないでしょうか?





  

Posted by バシ at 17:50Comments(0)

2009年10月03日

G1スタート!

 明日の中山メインのスプリンターズSで、今年の秋のG1が待ちに待った開幕。待っていましたこのレース、事前に本命にするはずだったスリープレスナイトの戦線離脱がありましたが、どの馬にも勝つチャンスがあるように見えて、波乱の結末になるのではないでしょうか。

 ◎ 9番ビービーガルダン 
 〇 13番ローレルゲレイロ
 ▲ 11番プレミアムボックス

 本命はビービーガルダンですが、昨年3着の実績を買ってのものです。前走も鮮やかな勝利でしたし、このメンバーならば上位であると判断します。陣営も認める通り、この馬はスピードよりもパワーで押し切るタイプの馬なので、良馬場になってスピードが求められる展開になると、強気には推奨できませんが3着以内は可能性が高い1頭です。
 対抗にローレルゲレイロです。人気を落としていますが、春のスプリント王を舐めてはいけません。パドックで馬体の張りが戻っているならば、復活は十分にありえます。
 3番手にプレミアムボックスです。メンバー中、トッップレベルの上がり3Fタイムの持ち主です。ゴール前で鋭く差し込む脚には注意が必要です。陣営は馬場が渋っても大丈夫と強気なところもチェックが必要です。

 穴でキンシャサノキセキに注目します。ここ2走が、パドックでおとなしくなって、レースで結果が出てませんが、能力の高さは折り紙つきのこの馬、パドックで気合十分なら、人気がないここで大駆けするのでは。

 
  

Posted by バシ at 20:17Comments(0)