QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
バシ
競馬歴12年目。的中率アップ目指して奮闘中!
馬券スタイルは単勝と複勝がメインです。
オーナーへメッセージ

  
Posted by at

2008年11月29日

ジャパンカップ

 東京2400mで争われるジャパンカップ、今年はなんとダービー馬が3頭出走します。メイショウサムソン、ウオッカ、ディープスカイとダービー馬がそろい踏みです。ダイワスカーレットはいませんが、マツリダゴッホ、オウケンブルースリと、日本競馬の最高峰と言っていいレースです。

 ◎ 9番ディープスカイ
 ○ 2番メイショウサムソン
 ▲ 4番ウオッカ

 予想の本命はディープスカイです。陣営の秋の最大の目標はジャパンカップとのことでしたから、秋の天皇賞で3着のあとのここは、渾身の仕上げでいどんでくることでしょう。能力の高さは実証済みで、ウオッカとの天皇賞での着差は400mの距離延長で逆転可能と見ます。

 対抗はメイショウサムソンです。それほど速いペースが予想できないこのレース、石橋騎手に戻ることで先行策からの粘りこみと、この馬本来の走りを見せてくれると考えます。並ぶと抜かせない根性を見せてほしいものです。

 ウオッカは秋の天皇賞が最大の目標だったと考え、ここは3番手にしました。距離が2400mになることで、ディープスカイを上位にしましたが、軽視は禁物です。天皇賞でみせた脚は、まさしく世界レベルの馬です。

 馬券は上位3頭ボックスで勝負です。

 オウケンブルースリとマツリダゴッホは注意までとします。



  

Posted by バシ at 22:18Comments(0)

2008年11月22日

マイルチャンピオンシップ予想

 今週のG1は京都1600mで争われるマイルCS。過去を振り返ると、中距離で好成績を残した馬が活躍するこのレース。今年は主役級の馬が不在のところ、スーパーホーネットの実績が抜けた感があります。

 ◎ 17番スーパーホーネット
 ○ 1番ローレルゲレイロ
 ▲ 7番ブルーメンブラット

 毎日王冠でウオッカを破ったスーパーホーネットが本命です。昨年もダイワメジャーに、あと一歩まで迫った能力の高さは折り紙付きです。安田記念後には、東京1600mだと脚が止まるとの騎手コメントがありましたが、毎日王冠では200m長い距離を勝ってるわけですから、ここは軸として信頼します。ただし、不安がひとつ・・・・それは藤岡騎手です。安田記念は1番人気で、緊張してしまっていたようなので、1番人気となるここも不安要素ではあります。それでも実績は断然ぬけてますから、連に絡む確立は高いでしょう。

 ローレルゲレイロは、調教が素晴らしい動きでした。内枠を引いたことと、今の京都競馬場は先行した馬が残る展開が多いこともプラス要因です。2歳時から能力の高さは評判でしたから、ここはチャンスが十分にあると思います。
 ブルーメンブラットは対抗に推奨しようか迷いました。調教の内容からも体調の良さが伺えますし、京都の平坦な直線になれば、この馬の末脚が生きると考えてます。調教後の馬体重が増えていたので、輸送でどれくらい絞れるかのチェックが必要と考え3番手に推奨します。

 馬券は上記3頭ボックスで勝負です。

  

Posted by バシ at 08:49Comments(0)

2008年11月15日

エリザベス女王杯

 今週は牝馬のG1、エリザベス女王杯!ウオッカとダイワスカーレットが不在のところ、カワカミプリンセスが人気になりそうです。京都2200mは、外回りで直線が長くなるので、末脚自慢の馬の連体率が高いレースです。

 ◎ 15番カワカミプリンセス
 ○ 13番ベッラレイア
 △ 16番リトルアマポーラ

 本命のカワカミプリンセスは、前走の府中牝馬Sで2着。春に発症した筋肉痛から、じっくりと間隔を取って立て直してきました。2年前は1位入線からの降着がありましたが、ここは雪辱を果たす可能性が高いです。能力からも、断然の本命推奨です。

 対抗はベッラレイア。天気が心配ですが、良馬場で直線が平坦な外回りの京都ならば、悲願のG1奪取も夢ではありません。このメンバーならば、連に絡む確立は高いとみてます。

 カワカミプリンセスとベッラレイアが能力上位と判断します。本来は、斤量の上で3歳馬が有利なレースですが、今年はいかんせん抜けた馬がいないとみてます。レジネッタの末脚も強力とは思いますが、2200mで古馬との対戦となると、力不足ではないでしょうか。エフティマイアは直線が長くなることで、瞬発力勝負となると力不足の印象があります。ポルトフィーノも人気になりそうですが、同世代トップレベルとの対戦がないので、能力の判断がし難いです。武豊騎手が乗ることで、過剰人気になるのではないでしょうか。距離も長いと見てます。
 そこで3番手として、リトルアマポーラに注目。オークスで人気になったように、末脚が自慢のこの馬、鞍上にルメール騎手を迎えました。長い京都の直線なら、上位進出が可能です。

 

  

Posted by バシ at 19:17Comments(0)

2008年11月01日

天皇賞(秋)予想

 アドマイヤジュピタの戦線離脱がありましたが、天皇賞はウオッカとダイワスカーレットの対決再びで盛り上がるところ、今年のダービー馬ディープスカイの参戦で更に盛り上がる様子。これぞG1というレースが見れそうで楽しみです。

 ◎ 14番ウオッカ
 ○ 7番ダイワスカーレット
 ▲ 3番エアシェイディ
 × 2番ディープスカイ

 ウオッカとダイワスカーレットが2000mで対決した場合に、秋華賞を例にとって、能力的にはあまり差がないと判断していますが、今回は臨戦過程でウオッカを上位に取ります。毎日王冠は逃げて2着でしたが、ターゲットにされた結果とみてます。調教も抜群に動いた今回は、万全の状態で挑めそうです。軸として信頼できる状態です。
 ダイワスカーレットは大阪杯以来の競馬で、すこし割引が必要と考え2番手評価です。調教VTRを見るまでは、本命にするつもりでしたが、調教の動きがG1には物足りなく映ったので評価を下げました。怪我もなく、叩いて天皇賞というローテーションならば、本命に推奨できる能力の高さを備えた1頭です。調教の動きが少し重く見えたので、当日のパドックで大幅な馬体重の増減がある場合は評価を下げます。それでも、差し馬が多いここは展開的には有利というプラスの要因もあるので、対抗に推奨。
 3番手エアシェイディは、調教の動きが良かったです。東京コースを得意としている馬ですから、今の状態なら上位に食い込む余地はあります。後藤騎手の手腕次第では、金星もあるかと思います。
 ディープスカイはダービーと同様に1番枠を引きました。他馬がダイワスカーレット目指してペースが上がるところ、脚を貯める作戦でしょう。直線勝負になれば、古馬相手でも上位に喰い込めるでしょう。


  

Posted by バシ at 06:30Comments(0)